メイングラフィック

  • 『店内音楽も大切にしたいが、何を基準に”良し”と判断すれば良いのか分からない。』
    『高額な機材を導入しても、店舗運営上でどれぐらい効果があるのだろうか?』
    『ライブハウスのように鑑賞する為ではなく、空間の付加価値としての音を提供したい。』


    弊社には、このようなオーナー様からのご相談を良く頂きます。 近年、音/BGMにもこだわろうとされる店舗は増えていますが、しかし 音の特性関して理解されないまま なんとなく設備を導入ししまい、結果全く意味の無い投資 になってしまっている事も多いのも事実です。

  • そもそも”居心地良い音”って?高額な機材を導入すれば効果が出るの?

    店舗作りにおいて 「居心地良い空間を提供したい」そして「滞在時間を高めたい」 「リピート顧客を作りたい」という想いはあるかと思います。

    しかし、それを構築する要素の一つである聴覚=音楽に関しては、設計士の方に そもそもどのような音がお客様に取って居心地が良いのか?などのご相談をされても、 明確な回答を得られる事はできないのではないでしょうか?

    また、オーディオ専門店で販売されている、いわゆる”良い音”を出すといわれる機材は、 上を見ると非常に高額です。仮にそれらの機材を選択したとしても、店舗運営という視点から見ると、 お客様にとってどの程度効果的のだろうか?という疑問も生まれるかと思います。

  • なぜ機材を導入しただけでは、失敗をしてしまうのか?

    nico hair design

    突然ですが、皆様は学生時代、理科の授業で波の勉強をされたかと思います。日常生活でも、水溜りに石を落とすと輪が広がり、 輪は先に進めば消えていき、 さらに障害物にぶつかると新しい輪が生まれて互いに干渉し合う・・という現象は見た事がありますよね。

    また、この輪を良く見ると波が繰り返して動いているのが分かりますが、 この1秒間に繰り返す波の数を”周波数”と習われた事かと思います。 (とは言っても昔のことなので覚えてらっしゃらないかもしれませんが。。)

  • 実は、音も波で、音は空間内で上記のような現象が生じて我々の耳に伝わっているのです。 特に、店舗では、お客様の導線・空間のレイアウト・周囲の騒音など、自宅の限られた面積で音楽を聴く場合とは異なる要素が多く、 音が到達するまでの距離による減衰や、壁・天井からの反射よる干渉により、 お客様に伝わる音楽の波:周波数などが変化しやすいのです。

  • 音響心理の効果で、お客様満足度をコントロール

    そこで音の周波数の違いによる印象を実感して頂ければと思います。 例として、同じ曲で周波数だけを変えた以下のそれぞれの音源を聴き比べてください。

    居心地が”悪い”音


    居心地が”良い”音


    ヒーリング系の音源ですが、印象がかなり異なりますよね。 これらはそれぞれ音の因子である「金属性因子:暖かい⇔鋭い」 「美的因子:綺麗⇔汚い」に基づいて周波数を変更したもので、 お聴き頂いたように、潜在的な”居心地良さ”に直結します。

    居心地が悪い音の方は、”キンキン・シャカシャカ”としていおり、実際にこういったBGMが流れている 店舗様も多く見受けられるのではないでしょうか?このようなの居心地が悪いが伝わる場所では、 適度にBGMの音量を上げると、うるさく響いてお客様に不快な印象を与えてしまうのは言うまでもありません。 だからと言って、反対に音量を下げてしまうと店内の雑音の方が目立ってしまい、 そもそもの設備投資の意味がないという結果に繋がってしまいかねません。

    ダミー画像

  • ”スピーカーの設置場所”と”伝わる音の周波数”を最適化する!

    上記のように考えると、お客様が動線上で受ける音の印象は、店舗空間の中での伝わり方によって大きく左右をされるのです。 ですので、お客様に取っての音の良し悪しの判断基準を明確にし、”スピーカーの設置場所”と ”伝わる音の周波数”を最適化すれば、高額なスピーカーを何台も設置しなくとも、店舗においては良い結果が出せるのです。

    音はスピーカから「直接届く音」と、壁や床などに反射して伝わる「間接音」の 2つに分けられますが、我々が耳にしている50%〜70%は「間接音」です。 弊社では、お客様の動線と空間の特性を考慮してスピーカーを設置する事で この「間接音」を適切に生み出すご案内をさせて頂きます。

    また弊社では、音の周波数を調整するために、イコライザーという機材のご導入をさせて頂いております。 このイコライザーは、元々レコーディングスタジオやライブハウスで使用する機材で、店舗や医院では導入されるケースは少ないようです。 しかし、これを活用することで絶大な効果が生み出すことが可能です。

    ダミー画像

  • ご提案の主な音響設備

    スピーカ―

    nico hair design

    「間接音」を効果的に届けやすい天井”吊り下げ”タイプのスピーカーをお勧めしております。 天井埋め込みタイプは目立たないので店舗デザインに干渉をしませんが、設置する空間の形状によっては間接音を生み出しにくいようです。

    設置台数は、空間の面積・形状・お客様動線に応じて、ワット数:"音量の大きさ"・指向角度:"音の拡がりの度合い"も考慮したご提案です。

    また弊社では、メーカーに縛られる事なく店舗様に合ったご選択を致します。

  • アンプ&イコライザー&音楽再生機など

    nico hair design

    アンプ:音信号を増幅してスピーカーへ音を送る機材で、スピーカーと共に必要な機材となります。 スピーカーのスペックに対応した物をご提案。個人向け高級機材ではなく、BGMとしての利便性を考えたご提案です。

    イコライザー:音の周波数を調整する機材です。 店舗で導入されているケースは少ないですが、非常に価値の高い空間が創造できます。

    音楽再生機:CD&デジタルプレイヤー、有線放送など必要に応じたご提案です。

  • 様々な業種に合わせたご提案

    弊社では、クリニック・飲食/ラウンジ・ビューティーサロン・ブティック・フィットネスジム・写真スタジオ まで、幅広い実績があり、各業種に合わせた最適なご提案を行います。

    潜在的な心地の良さのご提供だけではなく、例えば、エステサロンでは”音楽で他の個室から漏れる雑音を聴こえにくくする”、 ブティックでは”お買い物の気分を高める”など、ご来店のお客様の目的に合わせたご提案をさせて頂きます。

    ダミー画像
  • クライアント様の声

    「お客様に取って良い空間を提供したいのであれば重要だと実感。」nico hair design様/美容院

    nico hair design

    お話を聞いて「お客様がくつろげる音作り」のノウハウがあり、 値段もリーズナブルでしたのでお願いしたいと思いました。 お店の方が、音にこだわりがある人でも無い人でも、結局はお客様がどう感じるかが全てだと思います。 お客様に取って、いい空間を提供したいのであれば音響設計はとても重要だと実感しました。(石田晃教代表)

  • 「このような悩み要望に応えてくれる業者はグラムスラムだけ。」自家焙煎珈琲みじんこ様/飲食店

    nico hair design

    オーディオ専門店や量販店にも相談しましたが、 機器の販売やオーディオマニア向けの提案がメインで良質な店舗BGMという観点からの提案はありませんでした。 グラムスラム様の場合、まずは当方の意向を汲みとり、それを第一に考えていただいたこと、 それを基に店舗BGMの現状や本来必要な要素を分かりやすくご説明いただいたことが決め手となりました。(長戸努代表)

  • 「リピート顧客を増やす上で、かなりウエイトが高い。」FROM-ST様/エステサロン

    nico hair design

    導入前は、電気工事業者にお願いしたので、 場所によって音が大きく聴こえる所と、周囲の雑音や別の部屋のお客様の声の方が目立って聴こえる所とが出てしまい、 常に気を配らないとならない程、音の問題に直面していました。 そのストレスが解消出来た事は大きいです。 ”あそこへ行くと心地よかった!”というお声は、音の持つ力でさらに高まり、 プロの方に依頼する事はとても価値があります。 (須長しのぶ代表)

  • ワークフロー

    @ヒヤリング&現地調査
    まずはお電話、もしくはメールフォームにて簡単にコンセプトと大体のご予算をご教授下さい。 店舗が東京・千葉・埼玉・神奈川の場合は、後日、現地へお伺いいたし調査とお打ち合わせをさせて頂きます。

    Aご提案書作成&プレゼンテーション
    ヒヤリングの内容と空間の特性から店舗様に合ったご提案書を制作致し、プレゼンテーションをさせて頂きます。 イメージ致しやすいように、 ご提案させて頂くBGMを流しながら簡易システムにて、想定される音響をご体験して頂く場合もございます。

    Bご契約
    ご提案書にご賛同頂けるようでしたら、ご契約書にサインを頂きます。原則、 音響機材代は前払いとなります。

    C施工工事
    スピーカケーブルの配線は、打ち合わせの上、ご提携の施工業者様に依頼して頂く事が可能です。またスピーカ取り付け工事も、 施工業者様との協力の上行い、コストを下げます。

    Dサウンド調整
    反射面の素材、BGMの音楽性に合わせて、周波数や音量の調整を致します。

    E引き渡し
    サウンド調整を行った後、オーナー様立会いの元ご確認頂きます。

  • 価格:19万円〜(音響機材含む)

    価格は、空間の面積・形状、目的、また新規オープンか否かによって変わってきます。*予めご予算が決まっている場合は 、それに応じたご提案をさせて頂く事も可能です。以下は参考例として下さい。

    <内訳>
    ◆基本設計料(BGMのご提案あり):6万円〜
    ◆サウンド調整料(各スピーカー毎に周波数と音量を調整します):6万円〜
    ◆施工工事料:新規開業の場合、 ご提携の施工業者と協力致します。←ここでコストを抑えます。
    例)スピーカー設置×2台・スピーカーケーブル配線⇒施工業者の場合:1万円〜
    ◆機材料:必要最小限で効果的なご提案を致します。←ここでコストを抑えます。
    例)スピーカー(ブラケット含む)×2台:約3万円〜、アンプ(2ch):約2万円〜、イコライザー(2ch):約1万円〜、その他ケーブル類
    ◆交通費:実費にてご請求